So-net無料ブログ作成

6月 [美容]

6月は「水無月」
雨がたくさん降る梅雨の季節なのに”水が無い月”って少し違和感がありますよね。
これは「水無月」の”無”は”の”にあたり、”水の月”ということだそうです。
田植えが済み、田に水を張る必要があることから、
”水の月”→「水無月」と呼ばれるようになったようです。

そんな梅雨の時季に多い肌悩みは、暑さと湿気で肌のベタつき・テカリ。
気温の上昇に伴い、皮脂の分泌量が一気に増加するのがこの時季。
特に6・7月は一年のうちでもっとも皮脂量が多くなります。

また、雨や曇りの日が多い6月ですが、紫外線の影響も忘れてはいけません。
確かに雨の日は、晴れの日に比べれば一日当たりの紫外線量は少なくなります。
そのためつい油断しがちですが、実は晴れている間の紫外線の強さは、6月がもっとも強いのです。

つまり、梅雨の晴れ間にうっかり紫外線を浴びてしまった場合のダメージは、
他の月に比べてもかなり大きいということです。

紫外線を浴びると肌は代謝(ターンオーバー)のサイクルが乱れ、
肌のごわつきやくすみが生じたり、シミやそばかすができたりします。

帰宅後はすみやかにメイクオフして、たっぷりのヘンプオイルでオイルパックをして
肌をいたわってあげましょう!
タグ:6月

共通テーマ:ショッピング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。